多摩区、稲田堤の整体、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、頭痛を、短期間に改善する

FrontPage

こんなに調子が良くなるなんて

もっと早くここに来たかった!
画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明


何年も、何度も接骨院、鍼灸、整体、カイロプラクティック
めぐりをした方々が

「今まで受けてきたのは何だったろう?」
と思わず口にしてしまう本物の整体を受けてみませんか?

   当院は下記のような方のお役にたちたいと思っております

[check]つらい症状を改善するためにどこへ行ったらいいかわからない

[check]今いろいろ試している方法では症状が良くならない

[check]つらい症状や悩みを真剣に相談に乗って解消してくれるところを探している

[check]整形外科の検査では異常はないが、楽にならない

[check]このままつらい症状が続くと将来が不安だ

[check]自分に合う整体院を探している

[check]丁寧で心のこもった施術を望んでいる

トップ

画像の説明

感謝と御礼

はじめまして。
快整体院稲田堤の矢代 宏(やしろ ひろし)
と申します。

数多くの整体の中で、当院にアクセスしていただき
誠にありがとうございます。


どこへ行ったらいいかお悩みのあなたへ

        肩痛や腰痛の皆様、整体、マッサージ、カイロプラクティックなど、
        どこへ行ったらいいのか、迷われていると思います。

        試してみたいけどちょっと不安が・・・・
        痛そう、怖そう、怪しい人、どんな人が・・・などなど

        当院は、そんなあなたの不安を、
        丁寧な問診、応対、施術で解消していきます。 

               


画像の説明




 
快整体院稲田堤は女性が安心できる、
清潔な整体院です。

丁寧な応対と、日々院内の清潔を心がけています。
私が責任を持ってクリーンネスは,徹底して行っています。

笑顔でお待ちしております。


快整体院のこだわり 筋膜、トリガーポイントへのアプローチ 

足先から、頭まで行う全身調整

基本手順として、以下の部位を筋膜、トリガーポイントを意識しながら施術します。


うつ伏せ(腹臥位)

アプローチする部位

足指
足裏
アキレス腱
ふくらはぎ
太もも
でん部
腰部
背中
肩甲骨
後頭部
仙腸関節
骨盤

横向き(側臥位)

アプローチする部位

ふくらはぎ
太もも
肩甲骨
肩周辺
上腕
前腕
首筋
肩関節

あお向け(仰臥位)

アプローチする部位

腹部
すね
後頭部
首筋
目の周り
頭部
股関節

なぜ全身調整を行うのか

それは筋膜調整、トリガーポイント調整を行うためです。

筋膜とは何か?

筋膜は筋肉を包んでいる、たんぱく質の繊維でできた薄い膜です。

筋肉だけでなく、血管、神経、脂肪、骨、靭帯、腱、内臓を包み込み、つなぐ役割も果たしています。

いわば、ボディスーツのようなイメージです。

ただ、筒状のボディスーツでなく、表層部から深層部まで一続きつながって、骨や内臓も包んで支え、「あるべきところ」にきちんと収めることのできる、三次元的なボディスーツといえます。

もし体から、筋膜以外のすべての細胞や組織を取り除いたら、完璧な人体の形をした骨や内臓の形までわかる、立体的なボディスーツができると言われています。

このことから、筋膜は第2の骨格と言われています。

体のゆがみは筋膜のゆがみ

体の形は筋膜が作っています。

筋膜は伸縮性に富んでいますが、偏った姿勢をすると、筋膜ボディスーツも型崩れします。

1か所でもゆがみ、硬縮が生じるとスーツ全体が影響を受けます。

筋膜は感覚受容器が分布していて、痛みを発症しやすくなっています。

その為、筋膜がゆがんだり、つれたりすると痛みを生じます。

骨格、骨盤矯正の前に、筋膜の調整が必ず必要となります。

骨、筋肉,筋膜の関係はテントの骨組み、ロープ、シートと似ています。

いくら骨組みがしっかりと立てられていても、ロープでシートの1か所だけを引っ張りすぎたり、シート自体問題があって、ピンと張れないと、テント自体が傾いてしまいます。

これが体のゆがみは、筋膜のゆがみということです。

筋膜がゆがんだり、硬縮すると、背骨や骨盤のゆがみを先に矯正しようとしても、ゆがみを改善することはできなくなります。

なぜ筋膜のゆがみ、硬縮が起きるのか

それは、普段の姿勢の悪さや、生活習慣です。

パソコンで作業する姿勢や、スマホを見る姿勢など、あごを突き出す姿勢が猫背になり、筋膜のゆがみや硬縮を作り出します。

かばんやショルダーバックを片方だけ下げたりすることや、足を組む癖、運動不足もゆがみ硬縮の原因となります。

トリガーポイントの発生

筋膜にできたゆがみ、しこりをトリガーポイントと言います。
(以前は筋肉から発生すると言われましたが、最新の見解では筋膜と言われています)

筋肉の痛みのほとんどは、筋繊維によるものでなく、筋膜による炎症と言われています。

筋膜が硬化し、血流を低下させ、活性酸素や発痛物質を生成、滞留して、神経を刺激し痛み炎症を起こさせます。

体の痛みの80%がトリガーポイントによるものだと言われています。

トリガーポイントはあらゆる痛み、しびれ、疼きの震源地であり、再発を繰り返す病巣です。

トリガーポイントとは文字通り痛みの引き金(トリガー)と言えます。

つらい痛みは血流低下が引き起こす

痛みや不調が発生する原因の一つに虚血があります。

虚血とは血液の巡りが悪くなり、健康維持に必要な酸素や栄養素が体の隅々まで行きわたらなくなった状態を言います。

筋膜は血流と密接な関係を持っています。

血管は筋膜と複雑に絡み合いながら全身に張り巡らされています。

トリガーポイントが多くできるほど、この虚血になります。

虚血によって血流が滞ると、リンパ液などの流れが悪くなり、体内に生じた老廃物が排出されにくくなります。

すると痛みの原因となる疲労物質も排出されにくくなり、これが滞留すると体は痛みを増幅する負のスパイラルに突入します。

痛みだけでなく疲労感もますます強まり、こり、倦怠感、冷えといった不調まで引き起こします。

痛み、不調は局部的な治療や投薬でごまかすだけでは、症状は改善しません。

よって、全身調整で、全体の血行を良くする必要があるのです。

筋スパズム

トリガーポイントが多くできると、筋スパズムになります。

普通にしていても、筋膜が勝手に緊張してしまう状態が筋スパズムです。

ウインナーを徐々に折り曲げていくと、皮がパンパンになって亀裂が入り最後に折れますね。

この時の皮が筋膜で、亀裂が入るのが、筋膜炎や肉離れと言えます。

猫背姿勢が脊柱起立筋をパンパンに張りつめさせるため、何気なく屈んだ時に、裂傷が起きてギックリ腰になるとも言われています。

筋スパズムの仕組みとして

筋膜の緊張→血流の低下(老廃物、乳酸の滞留)→痛み(老廃物が化学変化)→緊張の増加(体の防御反応)→血流のさらなる低下→痛みの増大→筋膜の緊張

以上のように、筋スパズムになると負のスパイラルに陥ってしまいます。

負のスパイラルから脱出するためにも、筋膜、トリガーポイントにアプローチする全身調整が必要となります。

関連痛

トリガーポイントの特徴として、関連痛があります。

筋膜にひきつれなどの問題が起きると、他の部位にも影響が出ます。

例えば、僧帽筋にトリガーポイントができると、筋膜を伝わって頭痛になります。

これを関連痛と言います。

このため、頭痛を改善するには、頭ではなく僧帽筋にアプローチする必要があります。

同様に、でん部にトリガーポイントができると、足がしびれたりします。

足のしびれをとるためには、足ではなくでん部にアプローチする必要があります。

基本的に、上下、左右の隣り合う部位や、体の裏表といった対になる筋膜が最もつながりが強く影響しあいます。

トリガーポイントはがん細胞のように拡散します。

痛みの震源地のトリガーポイントを「セントラルトリガーポイント」と言います。

関連痛によって形成されたトリガーポイントを「サテライトトリガーポイント」と言います。

「サテライトトリガーポイント」は、末梢神経が異常に興奮し筋スパズムを起こします。

「サテライトトリガーポイント」を治療するには、痛みの震源地の「セントラルトリガーポイント」を治療しなければ根本的な解決にはなりません。

治療は「サテライトトリガーポイント」と「セントラルトリガーポイント」を見極めながら行っていきます。

患者様の声

腰の痛み1 腰の痛みは出ていません・・・
腰の痛み2  本当に楽になりました・・・
肩こり   あの息苦しさはこりごりです・・・   
寝違い   夜も痛みで寝ることもできず・・・
頭の痛み  頭痛は一度で楽になり・・・
腕のしびれ 右手でブレーキを握るのもつらかったのが・・・
背中の痛み とても気持ち良かったです・・
股関節痛  安眠できるようになりました・・・
ひざ痛   正座できるようになったのは・・・
足首、かかとの痛み 一度の施術でだいぶ楽になりました・・・
全身疲労  いつも寝てしまいます・・・



ご予約、お問い合わせ

画像の説明

 今すぐお電話を!

「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね
 ☎ 044-946-1727
営業時間9:00~19:00 定休日 毎週水曜、第一火曜 
土日祝日営業してます  駐車場有



画像の説明


近隣地図です。

マンションの隣が
駐車場になっています。














a:8413 t:5 y:11

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional